あぁ、徒然なるままに

私の趣味や日々の出来事についてを、自分の独断と偏見による、やや倒錯した文章で徒然なるままに書き記すブログです。

あぁ、地獄の年度末締め(仕事の愚痴)

一週間と一休さんは違うのよ!
(いきなり何じゃい)
 
えぇ、もう4月?
ついこないだ以下省略!
ちょっと、聞いて下さいよ奥さん。
奥さんじゃない人も。
愚痴になっちゃいますけれど。
 
4月の頭と言えば、年度末締なワケで。
これがまあ、ひどいひどい。
 
年度末には、毎年難儀な作業が控えておりまして。
営業全員が全ての入出荷伝票を処理してから、
私と経理女史が、深夜まで試行錯誤しながら
仕入高の消費税を手計算で調整する作業があります。
 
現在の入出荷システムも、CSV吐き出しに対応出来るようになったので、
エクセルでもっと単純化出来ないものかと、日々頭の片隅に
イデアを模索していたのですが・・・
 
前任者の経理部長は、この辺りの「やり方」しか教えてくれず、
どう言うロジックで、どう消費税がズレるから、
どうすれば正確な数字になると言う「理屈」を教えてはくれませんでした。
 
確かに毎月、消費税が微妙に変わるどころか、
数千円もいきなり消費税額が狂うことがありました。
例えば、1万円の商品の消費税が4500円だったり、
5万円の消費税が4500円だったり。
明らかに異常なんです。
 
そこで、システムのデータベースを直接覗いて、
仕入データの消費税を見てみたところ、
何かのはずみで、消費税額がゼロと言う
変な明細データが作られているのが散見されました。
 
そこで、単純に金額に税率をかけた消費税の論理値と、
実際の明細データの消費税額の合算値が
ちゃんと合っているかどうかチェックするロジックを自前で作り、
ズレがあれば、直接データベースの消費税を修正するという
力技をやっておりました。
でもこれで、消費税抜けのある明細はありません。
 
それが年度末で、消費税をチェックする帳票を作成した際、
またズレがあると。
金額も下手すりゃ数千円、数万円単位。
何これ・・・
 
で、気になって、年度頭から取っておいた帳票から
全部の仕入れ額と消費税をチェックしてみたところ、
伝票は全て処理されているにも関わらず、
集計表からは漏れている伝票明細があることが判明。
 
今まで年度末に帳票を見ながら再集計していたものが、
プログラムのバグで、帳票の数字自体が
そもそも信用出来ないことまでも判明しました。
 
すっごいお粗末なプログラム!
このプログラムの複数のバグを補完する為に、
変な手作業をしていたのかいっ!
 
それに気づいたのが、年度末締の数日前。
 
そこで全伝票明細データから、
年間の仕入高と消費税がいくらになるか集計する計算式を
これまた自前で組みまして。
帳票よりも正確な数字を導き出し、それが正であると定義して、
今回の年度末を〆ました。
 
そのためにここ数日、ぐるぐる頭を悩ませておりまして、
ようやく年度末締めを終えて、一息ついて、頭の働きが急降下。
私、経理よ。プログラマーじゃないわよ。
疲れた・・・
 
胃もキリキリ痛み、頭とお腹の調子も悪くなり、
喉の奥から食道にかけて、握り潰されるような痛みを感じております。
明らかに、高レベルのストレスに晒された時の症状です。
命削って仕事してます。
 
知恵熱で、頭頂砂漠からも湯気が立っております。
えぇ、本当に。
(BGM:内山田洋とクールファイブ「東京砂漠」)
もうすぐ、は~〇ですねぇ、
ヅラにしてみません~か~・・・
(BGM:キャンディーズ春一番」)
 
育毛剤も使っておりますが、これがまた、
髪の毛のないところにピッと吹き付けるものなので、
髪の毛の抵抗がない頭頂砂漠にあたると、弾いて流れるんですよ。
 
ンなもんですから、育毛剤の流れ着いた場所によっちゃあ、
眉毛は繋がるわ、
その眉毛も空を飛べるほどに長くなるわ、
もみあげは顎髭と繋がるわ、
後ろ髪は長くなるわ。
頭頂が薄くて後ろ髪の長い、
まるで平家の落ち武者の様相を呈してきました。
 
・・・どこまで本当かは、ご想像にお任せします♪

このネタも、エイプリルフールの日にアップしようと思っていたのに、
おすぎとピーコの日も過ぎてしまいました。
 
4月バカどころか、年中アホの私です。
 
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

春眠暁に吼える

春ですね~・・・
 
眠い!
だるい!
面倒臭い!(仕事が)
 
仕事を面倒臭がっちゃいけません。
自分にツッコミ入れてますが。
 
え゛。
・・・今年も、もう四分の一が終わるの?
 
き゜や゛ああぁぁぁ!
ついこないだ以下省略!
 
何だか毎回、こんなパターンですね。
繰り返しは基本ですから。(どこがだ)
 
皆さんこん○○わ。
ひねくれ視点のちょちょ山でございます。
 
卒業シーズン真っ盛りですね。

f:id:tyotyo1974:20210325013044j:plain

い~つの~こと~だか~、
思い出してご~らん~、
あんなコと~、こんなコと~、
あ~った~でしょ~♪
 
一体何があったんだろう・・・
 
ここの部分の歌詞だけ読むと、まるで
「不倫は文化」男を詰問しているような内容ですね。
 
うん、コロナ治ったのは良かったけれど、
靴下履こうよ。
足の裏からコロナに感染したんだよ。(大嘘)
 
しかしまぁ、このコロナ、
いつまで続くんでしょ。
 
マスクして仕事していると、体の熱が逃げないので
汗かきまくりなんですよ。
 
汗かいて運動でもすれば、少しは肉も落ちるんでしょうが、
運動不足から体中の筋が攣って仕方がありません。
いてて・・・困ったモンだ。
 
運動と言えば、東京五輪。(ちょっとこじ付け)
 
このコロナで一年延期になったのはともかく、
政治・経済的な思惑から、トップや責任者らが
失言や不祥事で、辞職や更迭オンパレード、
ボランティアや聖火ランナーも辞退者が相次ぎ、
今までにない程の日本の醜態を晒しまくっている東京五輪
 
何だか回を重ねる毎に、開催国のだらしない所が露呈してますね。
 
スポーツの祭典かも知れないけれど、
もうここまで来たら、コロナパンデミックなんだからさ、
無理矢理開催しないで、一回休みましょうよ。
 
経済を回したいのも解るけれど、その前に感染者を増やしたら
元も子もないでしょうに。
そもそも感染リスクを承知の上で、観客が集まるでしょうか?
 
競技スタジアムも、設計ミスで観客席が異常に狭いとも聞いていますし、
会場でクラスターが発生したり、選手が感染したり、観客が感染したり、
そっちの方が危険でしょ。
 
選手村に避妊具を無償で大量配布するより、
国内外問わずに、ワクチンを一刻も早く行き渡らせて、
病的なリスクを減らして抑え込むほうが先でしょうが。
優先順位が、全く間違っとる!
 
もし開催しても、五輪終了後はどうします?
欠陥スタジアムは再利用が難しく、放置か解体か。
またそれに莫大なお金をかけて・・・
解体を免れたとしても、維持にもまたお金がかかり、
典型的な五輪不況がやって来ますよ。
 
リオに学べよ!(完全に廃墟) 
 
そのうち、いや、「もう」かも知れませんが、
五輪開催地の選択は、ババ抜き状態になるんじゃないでしょうか。
 
「次の開催地は〇〇!」
『え゛~!?』
 
うん、五輪、もうやめよう!
誰も幸せにならないからさ。
スポーツの祭典は、別の形でも出来るでしょ。
 
春の眠気よりも、珍しく五輪に吼えてしまいました。
 
春眠、暁に吼える。
 
違うぞ・・・
 
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

写真のお勉強に行って来ました。

会社の決算、年度末締め、新入社員の入社の諸手続き、
新人用パソコンのセットアップから設定、
個人では、確定申告のオマケ付き。
 
手を変え品を変え、
仕事がずんずん回転寿司状態でやってくる今日この頃、
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 
気力、体力、運の尽き。
絶賛コロナ太り・・・でもないか、
こないだの健康診断では、体重が微増で済んでいた
ちょちょ山でございます。
 
健康診断直前には、突然1キロ半減ったりして、
膨らんだり萎んだり、ま~、ゴム風船の気持ちが良く解る。
(意味不明)


さて、最近の私には珍しく、写真のお話です。
 
最近、時間的に写真から遠ざかっていたので、
仕事の息抜きも含め、
「さぽーとさっぽろ」の福利厚生事業の一環で、
プロのカメラマンからライティングを学べる
無料のセミナーがあったので、行って来ました♪
 
今まで色々な写真を撮って来た私ではございますが、
テーブルフォトや、特にスタジオでライトを使った撮影は
殆どやったことがないので、良い勉強になるかと。

f:id:tyotyo1974:20210315002612j:plain

 
で、行ってみたところ、受講者で男は私一人だけ。
そして、一眼のカメラを持っていたのは、私ともう一人だけ。
しかもその方、おじいちゃんから譲り受けたカメラだそうで、
余りよく扱ったことがないとのこと。 
 
後は皆さん女性で、スマートフォン
 
そんな中、私一人、18-400mmのズームレンズを着けたAPS-C機。
ちょ、ちょっと、ここにいて良いのか俺、
何だか浮いてないか!?
 
少々不安を残したまま、講義スタート。
 
今回の講師は、㈲スタジオアイのカメラマン、カトミさん。
はてなブログの読者登録してます)
 
講義開始後、絞りと感度とシャッタースピード
基本的なお話の後、色調補正でK(ケルビン)の
設定のお話を聞きました。
 
ホワイトバランスは、私も今まで単純に
「晴天」「曇り」「電球」「蛍光灯」
などの単純なモード切替しか使っておりませんでしたが、
カトミ先生曰く、それだと「大雑把すぎる」とのこと。
 
なるほど確かに、外で撮る時ならともかくとも、
室内でテーブルフォトとなると、色味が極端すぎることが
時々ありました。
 
そこでしっかりケルビンの設定をし、撮ってみたところ・・・
こんな感じに。

f:id:tyotyo1974:20210315001629j:plain

ちゃんと設定しないと、こうなります。

f:id:tyotyo1974:20210315001927j:plain

また、レフ板やバウンス光の使い方、
光を柔らかくする方法、余計な光をカットする方法などなど、
手軽にできるテクニックを教えて頂きました。
 
で、さすがに職業写真家の方々には敵いませんが、
最終的に撮ってみたのが、こんな感じ。

f:id:tyotyo1974:20210315002026j:plain

いや~、難しくて奥が深いけれど、
テーブルフォトって面白いですね。 
 
これでまた、撮影の引き出しが一つ増えた感じ♪
 
今度はお金払ってでもいいので、
スタジオで人を撮る講座もやってほしいです♪
 
講師のカトミさんのブログはこちら。
(今回の写真の使用とリンクは、許可を頂いております)
 
ちょっと話が飛びますが。
最近私は、ジャンルを問わずに色々な写真家や
カメラマンの方々とお会いしたり、作品を観たりしています。
 
今は亡き、志村けん氏の言葉。
 
「いろんな作品を観て、取り込めるものがあれば
 自分のものにしないといけないよ。
 それが発想力の源になっていくんだから。」
 
何だかそれが今、解る気がします。
 
講師のカトミ先生、さぽーとさっぽろのご担当の方々、
ありがとうございました♪<(__)>

-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

なぬ、気がつけばもう3月?

今週のお題「雛祭り」
と言うことで・・・
 
灯りをつけましょ、人んちに。(放火か)
お花をあげましょ、菊の花。(違うぞ)
誤認ばやし・・・
 
何で童謡の「うれしいひなまつり」のメロディーは、
あんなに物悲しいんでしょうか。
ちっとも嬉しくなさそうに思えるのは、私だけですかそうですか。
 
どうも皆さん、こん〇〇わ。
ひねくれ視点のちょちょ山でございます。
 
北海道を低気圧が通過、大雪に見舞われ、
除雪と通勤が大変です。
ブロ友さんも仰ってましたが、
 
「雪があっていいのは、クリスマスだけだ」
 
全くもって、その通りだと思います。

https://www.crypton.co.jp/cfm/?media_dl=4354

(C)クリプトン・フューチャー・メディア
 
そしてまた困ったことに。
 
めっきりしばれるときに、ロードヒーティングなら解るのですが、
雪の多い日にロードヒーティングをつけられると、
作って15分程放置した「かき氷」の如く
ぐっちゃぐちゃの雪になる上に、
溶けた雪の水で池が出来ます。
普通の靴では、とても歩けたモンじゃありません。
 
融雪のタイミングを間違えてるわよ。
雪を融かしても、排水がちゃんとしてなかったら、
歩くのに非常に難儀して敵わないわ。
これならまだ、降った雪を踏み固めた足場の方がマシよぉ。
頼むわよ、某所のイ〇ン。
 
と、オネエ言葉で吼えたところで。
 
この季節、やることがしこたまあり過ぎて、
ブログ記事の更新が追いつきません。
 
時間を見て、ちょこちょこアップしていきますので、
もう少々お待ち下さいませ。
 
あぁ、確定申告もやらなきゃ・・・

f:id:tyotyo1974:20210303020132j:plain

-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

キャッチコピーにおねがい

どーも皆様、こん〇〇わ。
世の中を斜めに見てひねくれている、
ちょちょ山でございます。
 
先日、地元のフリーペーパーで
ラーメン屋特集をやっておりまして。
美味しそうなラーメンが続々と載っているのですが、
 
「豚骨ベースのスープにうんぬんかんぬん・・・」
 
等々、多種多様に書かれている中、あるラーメンのコピーが
 
「煮干しのだしが胃袋にしみる!」
 
・・・うん、しみるなら多分、胃が悪いんだよ。
食べる前に病院行けよ。
バリウムは美味くないけどさ。
 
と、ひねくれた言葉が頭をよぎります。
 
妻 「ひねくれてるねぇ。」
 
私 「そう、ひねくれて・・・え゛?」
 
妻 「口に出てたわよ。」
 
私 「ぬよやうわあぬえ!」
 
これに関わらず、キャッチコピーには
何かしらのイチャモンをつけたがる私。
 
とは言え。
 
無差別にイチャモンつけてるわけではありませんよ。
 
例えば、東札幌にある某ショッピングモールの
衣料品店が集合している広告のコピーは
 
「悩ましい。」
 
でしたから。
 
何が悩ましいのでしょうか。
 
以前にも書きましたがね。
 
最近では新聞記者でも平気で間違える言葉ですが、
「悩ましい」とは、極端に色っぽいことを指す言葉であって、
「悩む」「悩める」とは異なる言葉です。
 
さすがに書いた人も気がついたようで、半月ほどで
文字の部分だけ差し替えられていましたが。(本当)
 
一昔前はよく、
 
「悩ましいイラク問題」
 
なんて見出しで新聞記事が書かれていたこともありましたが、
これはそのままの意味でとると、
 
「ピンクのネグリジェを着たサダム・フセインやビン=ラディンが、
 イヤ~ンな感じのポーズをしている」 
 
そんな意味になってしまうわけですよ。
 
新聞記者、日本語をもう少し勉強しろ!
漢字だけで意味を考えるんじゃないっ!
売上と仕入を「相殺」しても、誰も死なないのと同じだろっ!
 
そしてこの時期、バレンタインデー。
 
「楽しまなくちゃ、バレンタインがもったいない!」
 
何でしょう、このキャッチコピー。
 
以下、Wikipediaより抜粋。
 
 愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がるという理由で、
 兵士たちの婚姻を禁止したと言われている。
 キリスト教の司祭だったウァレンティヌス(バレンタイン)は、
 婚姻を禁止されて嘆き悲しむ兵士たちを憐れみ、
 彼らのために内緒で結婚式を行っていたが、
 やがてその噂が皇帝の耳に入り、怒った皇帝は
 二度とそのような行為をしないようウァレンティヌスに命令した。
 しかし、ウァレンティヌスは毅然として皇帝の命令に屈しなかったため、
 最終的に彼は処刑されたとされる。
 彼の処刑の日は、ユーノーの祭日であり、
 ルペルカリア祭の前日である2月14日があえて選ばれた。
 ウァレンティヌスはルペルカリア祭に捧げる生贄とされたという。」
 
ま、早い話、時の司祭がローマ皇帝に迫害されて殉教した日ですよ。
それを 、
 
「楽しまなくちゃ、もったいない!」
 
とは・・・
 
おーい、ウァレンティヌス司祭様!
あなたが処刑された日が、現代ではあなたの名で楽しまれてますよ!
 
「わーい!、今日は司祭が処刑された日!チョコレート食べよ❤」
 
何じゃそれ。
 
しかしまぁ、何でしょ。
 
平賀源内の「土用の丑の日」やら、
本来異文化の「クリスマス」やら。
日本人は、キャッチコピーに踊らされる民族ですなぁ。
 
そう言えば、TVでもやってましたよ。
 
「チョコレートだけに限らず、色々な『愛』のカタチ云々」
 
サディストとマゾヒストの愛のカタチだったら、嫌だなぁ・・・
そう言う趣味の方々を否定するワケではありませんが、
私個人としては、非常にご遠慮申し上げたいですな。
 
サディストと言えば・・・
 
サディスティック・ミカ・バンド  「Big Bang,Bang!」
 
愛の形ってんなら、まだこっちの方がマシよね。
 
初音ミク 「ぶれないアイで」

www.youtube.com

 

-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

テレワーク症候群

なぬ、もう節分終わったの?
じゃあこの豆、食べちゃっていいよね。(ポリポリ)
 
なぬ、明日は「ちびまる子ちゃん」?
 
いやああぁぁ、もう週末!?
時間が経つのが早すぎる!
ついこないだ以下省略!
 
年明けてから、ネタ二つしか書いてないわよ!
書くのが遅い!
 
しかも冬真っ盛り、コロナで札幌雪まつりは中止。
雪のコンディションは良いでしょうけれど、
寒い!

f:id:tyotyo1974:20210207002410j:plain

ついついお酒飲んじゃうわよ!
 
と言うわけで、「遅い」「早い」「寒い」と、
三種目を制覇してしまいました。
 
やっぱり2月は、老い人の祭典ですね。(意味不明)

f:id:tyotyo1974:20210207002415j:plain

寒いわ、身も心も、懐も、頭頂部も、ギャグも。
何もかもが寒すぎる、ちょちょ山でございます。
 
最近何だか、ネタの書き方を忘れてしまいそうで・・・


そうそう。
 
このコロナ禍、仕事は半分テレワークになりつつありますが。
唐突ですが、私にはイカンですな、これは。
 
ちなみに使っているテレワーク用ソフトはこちら。
 
NTT東日本 - IPA情報処理推進機構)シン・テレワークシステム
(コア部分の技術は、筑波大学の「けしからん」SoftEtherプロジェクト)
 
私はこの「けしからん」技術が大好きです。(笑)
筑波大学、ありがとう。<(__)>
 
 
自分で職場のパソコン全部を色々と設定しておいて何ですが、
他の皆さんは、どう仕事をしてらっしゃるやら。
 
私は自宅で、自分のパソコンで音楽をかけながら、
そのままリモートで会社のパソコンに画面を切り替え、
現場別請求書を作るためのエクセルマクロとか、
アクセスクエリとかフォームとか、
集中して仕事が出来るときもありますが。
 
他にも、銀行からの入出金の仕訳入力等、
リモートで難なく出来る仕事なら良いんですけれど、
どうしても職場じゃないと出来ない仕事、
例えば、手形の取立準備とか、入社・退社する人の社保手続とか、
請求書の発送作業とか、物理的に書類を作成したりする仕事は、
自宅じゃできないんですね。
 
書類作成と印刷をリモートでやってしまっても良いんですけれど、
それには人事に関わる個人情報を自宅に持ち帰らなきゃならないですし、
高額の約束手形の束も同様に、自宅に持ち帰るわけにはいきません。
また、過去の書類と比較しながら作成する償却資産の申告書とか、
これら事務方仕事の一部は、リモートワークには不向きです。
 
銀行の振込もセキュリティソフトが働き、
リモート操作は問答無用で接続カットされるため、
経費や仕入の支払作業も、出社しないと出来ません。
 
なので、時期にもよりますが、私の仕事の場合、
リモートで出来ることは意外と限られてきます。
(請求書締日は逆に多い)
 
そうなると、ある程度の仕事をこなしてしまうと・・・
だらける。(苦笑)
眠い、眠くなる・・・
 
周りの目が無いので、眠気覚ましのコーヒーよりも
そのまま舟を漕ぎ・・・
 
15分くらいでスッキリ目覚めたなら、ほんの小休止で
むしろ効率が上がりますが、問題は昼飯後。
 
自宅なので、布団に入って昼寝をすると、
目覚ましに気付かぬまま、とんでもない時間に!
 
「ぬぐわああぁぁ!」
 
近所にこだまし、雀が飛び立つ絶叫と共に、
昇竜拳の如く布団から飛び起きる私。
イカン、このままじゃ私、ダメになる・・・
 
と言うわけで、決算が近づく今日この頃、
中途半端に仕事が残り、後から焦ってこなそうとする
小学生の夏休みの宿題みたいなことにならないように、
決算資料作成を自動化するためのマクロ作りはともかく、
アナログな仕事がある日は、敢えて出社しようと思います。


あぁ、また明日、娘は「ちびまる子ちゃん」を観る日・・・
 
サザエさん症候群ならぬちびまる子ちゃん症候群」
只今絶賛発動中。
 
現実逃避に酒飲むわ。
最近「男梅サワー」にハマってます。
 
 
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

隠れみのもんたよしのりの佃煮

皆様いかがお過ごしでしょうか。
あまり仕事が好きではない、ちょちょ山でございます。
画像f:id:tyotyo1974:20210118023302p:plain
(画像お借りしてます)
 
こないだの土曜日、非常に勿体ないことをしてしまいました。
私の職場では、第1第3土曜日は半分の人が出て、
もう半分の人は休みと言う交代制なのですが。

職場に着いたら、
 
「あれ、何か面子が違うぞ。」
 
私は非番の日だったにも関わらず、
気づかずに出社してしまいました・・・
この交代のシフトを考えたのは私なのに・・・(自爆)
 
前の日酒飲んで、朝にアルコールチェッカーで確認したら
車の運転は危険なレベルだったので、
駐車場の除雪を放ったらかしたまま、
わざわざ地下鉄に乗って、遅刻しないように出社したのに・・・
 
そのまま帰るのも勿体ないので、
仕方がなく仕事してきましたけどね。
 
年末調整の合計表、法定調書、各市区町村への給与支給明細書、
退職者の社会保険資格喪失届、雇用保険資格喪失届、
福利厚生会の脱退届と、退職金の支給に関わる申告書、
住民税の特別徴収変更届、会社の償却資産の申告書。
 
後は会社の印鑑だけ、という状態にまで終わらせて
早々に帰ってきました。
これで月曜日、印鑑を押したらすぐ各方面に出かけられる・・・
よし!
 
で、帰り道、TSUTAYAに寄りました。
娘が「スター☆トゥインクルプリキュア」にハマっているので、
DVDが旧作扱いになってないかな~と。
新作では、ほとんど借りない男。(笑)
 
お、また一枚、旧作になってる。
ということで、娘のために借りてきました。
今8枚目、 あともう8枚あるのか・・・
長いな・・・
 
このシリーズも去年の2月に終わって、
かれこれもう1年経ちます。
プリキュア」シリーズは1年ごとに変わるので、
来月からはまた新しいシリーズの始まりです。
 
去年の今頃、
 
「『スター☆トゥインクルプリキュア』がもう少しで終わって、
 次のプリキュアになるよ」
 
と娘に話したところ、号泣しておりました。
そして、「次のプリキュアは見ない」と。
 
大体の子は、次のシリーズも見たがるモンなんですが、
うちの娘は、先のタイトルのみしか見たがらず、
今まだやっている「ヒーリングっど♡プリキュア」は
1回も見ていません。
まあ、親としては助かりますが。
 
娘が落ち着いてから、
 
「次のプリキュアは『ヒーリングっど♡プリキュア』だって。」
 
と話すと、娘は
 
「・・・ひにんぐ?」
 
ぶほっ!
 
「避妊具じゃないっ!『ヒーリングっど』だっ!」
 
慌てて訂正しましたですよ。
無垢な子供の言葉は怖い。(苦笑)
 
しかしまあ、何でしょ。
「ヒーリングっど」とか、その次は「トロピカル~ジュ」とか。
最近は二つ以上の言葉を掛け合わせるのが流行っているんでしょうか?
 
私がそんな疑問をふと口にすると、意外にもカミさんまで参戦して、
 
「『ドラえもんじゃ焼き』とか『アンパン萬田久子』とか?」
 
うみゅ、そう来たか。
 
志村けんナオコ」みたいなもんだな?
 
よし。
 
「隠れみのもんたよしのりの佃煮」
(隠れ蓑+みのもんたもんたよしのり+海苔の佃煮)
 
こんなくだらないことばかり考えてるんですよ、えぇ。
 
ちなみに大体、男の子向け番組の場合、
ジャッカー電撃隊」「ゴレンジャー」に始まり(歳がバレる)、
「レンジャー」もののタイトルが多いのですが、
近年は最後に「ジャー」だけが付いていれば
タイトルに収まってしまうという傾向が見られます。
 
そこで私も考えました。
 
「ご飯を食べ隊 炊飯ジャー
 
詳細は、過去の記事を参照してください。

tyotyo1974.hatenablog.com

 

繰り返しますが。
こんなくだらないことばかり考えてるんですよ、えぇ。

忙しい時に限って、くだらないことに頭が回る今日この頃。
逃避か?
現実逃避なのか!?
画像

f:id:tyotyo1974:20210118024559p:plain

-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

新年、明けまして・・・

お正月も明けました。
気がつけば世の中、成人式ですって。
いやあああぁぁぁ、もう鏡開き!?
ついこないだ(以下省略)

f:id:tyotyo1974:20210111152149j:plain

皆様、あけました。めでたい?(問うな)
私はめでたくありません。
詳細は後述しますが。
 
まずは正月と言えば、
 
「正月や 冥土の旅の 一里塚」
 
というわけで、メイドさん
 
長玉(望遠レンズ)を支えている手がエレガント。
おそらく地上で、一番カメラ装備の充実しているメイドさん
シュールだね~。
歴史に残るね~。
 
はい、これでこのネタ、4年連続です。
我ながら、飽きない男・・・
まぁ、季節の風物詩ということで。(違うぞ)
 
さて去年は、コロナに始まり、コロナに終わった一年でした。
色々とコロナに振り回されただけでなく、
実際に行動にも制約がかかり、
おかげで運動量も減って、体重が一向に減りません。
困ったもんだ。
 
それだけでなく、コロナ対策として、
職場で大量に導入されたノートパソコンのセットアップ、
およびリモートソフトの設定等、
余計なお仕事がこれでもかというぐらいに盛り沢山。
下手に知識と技術があると、タダ働きを増やされると言う
典型的な例ですね。
 
これに加えて日常業務です。
イヤになります。
日常業務をほったらかしていいのなら、
機械のセットアップなんぞ、ナンボでもやるんですが。
日常業務を放り出したら、手形が不渡りになっちゃうし。
 
まぁ年末年始、ご多分に漏れず忙しいわけですが、
今年はまた一味違います。
一味っていうのかな・・・
じゃあ、七味唐辛子みたいなもんで。(違うぞ)
 
毎年恒例、年明けにメーカー各社の方々が挨拶に見え、
そのうちの2社が、以前も記事に書きましたが、
はっぴを着て現れ、扇子を手に笛を吹き、
 
「三三七びょおーし!」(病気かお前)
「鯉の滝登り~!」(お前人間だろ)
「今年の〇年とかけましてぇ~!」(注文の電話が鳴ってるんだよ)
 
と、あたかも業務妨害のような挨拶をしていくのですが、
さすがにコロナで年末年始の挨拶も自粛。
今年の年始は静かなものでした。
あ~、平和だ。
  
 
しかし、そう思ったのもつかの間。
実は職場から、コロナ陽性者が一人でまして・・・(本当)
 
社内はもちろん大騒ぎ。
日常業務の隙間で、情報の収集と社内での対応、
各方面への報告、今後の業務体制と・・・
くっちゃくちゃになりました。
 
感染した当人は、幸い症状も軽く、
熱も早々に下がって、今は喉が痛いだけ。
ただ、陽性反応だけに隔離でのホテル暮らし、
ホテルからはリモートで仕事するそうです。
 
じゃあ社内で濃厚接触者がいたかと言えば、
保健所の基準からは、ほとんどの人が対象にはなりません。
(1m以内でマスクをせずに15分以上会話をしたか等)
 
というわけで、私も濃厚接触者に該当せず、
こうして自宅でブログを書いているところでございます。
 
元々が、人との会話が非常に億劫な性格から、
濃厚接触者にはなり得ない人間、
ということもありますが。(ほっとけ)
 
そして自宅に帰ってから、
 
「消毒、消毒ぅ!」
 
と、アルコール消毒と称して、お酒を飲んでいたのは内緒です。
(ここに書いてちゃ、内緒もへったくれもありませんが)
 
しかし。
身近にコロナ陽性者が出たとなると、明日は我が身。
身の引き締まる思いです。
身をもう少し引き締めたいです。(食う料減らせよ、運動しろよ)
 
まだまだ寒さが続きます。
皆様、お体ご自愛ください。
 
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

有馬記念・・・?

気が付きゃ師走も、大晦日ですよ。
 
うそおぉぉ、ついこないだ
以下省略!
 
はい、嫌が応にも、年の瀬も押し迫って参りました。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
 
駐車場の除雪に行ってくるだけで、
「探さないでください」
と書き置きをし、カミさんに鼻で笑われている
ちょちょ山でございます。
 
一昨日が仕事納めで、ようやく一息つけました。
最近ブログを打つ暇が無く、キーボードを叩く手も
何だか違和感があります。
 
札幌雪まつりも、札幌国際芸術祭も、今年は中止になりました。
そりゃそうでしょ、このコロナ絶賛大爆発中に強行したら、
感染者爆増はおろか、叩かれまくって大炎上間違いなし、
ニュースのトレンド入りになってしまいますからね。
 
個人的な意見ですが。
「札幌国際芸術祭」は「中止」でなく、
「廃止」の方が良いと思いま~す。
 
芸術祭の詳細は、過去の記事に譲るとして。
話は変わりますが。
 
先日、出勤前にかかっていたラジオで
有馬記念がうんたらと言っておりましたが・・・
年末の競馬のイベントなんですね。
私は良く知りませんが。
 
んで、検索をかけてみたところ・・・
 
「年末の大一番として国民的行事にもなっている
 有馬記念だが、うんぬんかんぬん・・・」
 
・・・あのねぇ、勝手に国民的行事にするなよ。
そもそも、いつ国民的行事になったのだ?
やらない私は非国民か?
 
しかも(ネタのついでに)札幌競馬場をWEBで調べてみたら、
 
「レストラン・ファストフード」
「キッズランド」「パカパカドーム」
「じゃぶじゃぶ池」「ポニーリンク」
etc・・・
 
競馬場を家族の憩いの場にするなっ。
子供を遊ばせて、親は賭け事かい。
 
そしてWEBサイトの最後に、こんなこと書かれてましたよ。
 
「馬券は20歳になってから。」
JRAのギャンブル等依存症対策」
 
ここに来て、何を言っとる!
言ってることとやってることが違うじゃねーか!
あ~、やだやだ、綺麗ごと並べて、
博打を正当化しようって魂胆。
国の貴重な収入だからか?
 
公営とは言え、ギャンブルだぞ。
博打だぞ。
建物をキレイにして、色んなテナントを盛り込んで、
テーマパーク化して、どんな綺麗事を言ったって、
所詮は賭博場。
子どもに良い影響があると思うか!?
 
そんで、子どもの冬休みの作文に書かれるさ。
 
「お馬さんの目がキレイでした。
 お馬さんを見るお父さんの目は血走っていました。
 
「お父さんは『刺せ~!刺せ~!』と叫んでいましたが、
 何のことかわかりませんでした。
 『馬刺し』のことでしょうか。」
 
競馬に関わらず、博打に関しては、
私は憤りしか感じません。


そう言や、IR誘致の話もどこ行ったんでしょうね。

tyotyo1974.hatenablog.com

tyotyo1974.hatenablog.com

このコロナ真っ只中、壇蜜もとい三密総攻撃の
カジノリゾートなんぞ作ったところで、
爆発的にコロナ感染者を増やすだけで、
医療崩壊の土俵際がぶり寄り状態に
トドメにしかなりません。
 
国よ、公営ギャンブルの収益を全て
コロナ最前線の医療機関に支援しなさいよ。
リーダーシップのまるでない、
お飾りで立っているだけの無能な首相を筆頭に、
役に立たない政治屋達の給料を、
今の医療機関に支援するだけで、
どれだけの人々が助かるか。


・・・話が逸れましたが。
 
さて、皆さんはどんな一年でしたでしょうか?
私はこの一年を振り返るには時間が足りず、
来年の抱負と共に、年明け一発目に何か書こうと思います。
 
ただ一言、これだけは言えます。
 
老いた!


・・・皆様は、良いお年をお迎えください。
 f:id:tyotyo1974:20201231025923j:plain

-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
 

ふろぉずんⅡ

雪も降り、忙しない年末の声が否応なく聞こえてまいりました。
ぴ~ぽ~、ぴ~ぽ~・・・(何か違うぞ)
 
そろそろ私も惨多苦労す。
神の名の下に、七面鳥ジェノサイド。
シャンシャンと言う鈴の音に、近所のチキンがビクビクする
嫌な季節です。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
コロナ太り絶賛継続中、
生ける雪だるま状態のちょちょ山でございます。
 
さて、話は360°変わりますが(戻ってんじゃん)、
過日12/2、とある映画のDVDが、ようやくレンタル開始されました。
 
アナと雪の女王2」(原題:FROZENⅡ)
この日本語タイトルを考えた人も、凄いですよね。
訳の話はさておき。
 
前作を観ていた我が家。
娘が見事に大ハマリ、旭川の「雪の美術館」でも、
ドレス着て撮影の際は、エルサ風の水色のドレスを選んでました。
(「雪の美術館」はコロナの影響で、6月に閉館・・・惜しい!) 
んで、この2作目を心待ちにしていたのですが、
レンタルが開始されて、真っ先に借りて来ました。
 
ネタバレにならない程度に書けば・・・
 
すげぇぜ、戦う女王陛下。(笑)
 
また、話が色々と伏線ありまくり。
 
姉妹で、なぜエルサだけが魔法を使えるのか。
国王の言っていた、「常に備えよ」の意味は。
アレンデールとノーサルドラの戦いの真実は。
etc・・・
 
それらが次第に紐解かれ、
話はラストへ突っ走ります。
 
まぁ、お話は本編を観て下さいってことで♪
親子揃って楽しめます。

で。
 
前作からもそうですが、このシリーズは、
予てから思うことがありました。
 
この記事の冒頭に戻るのですが、
劇中に登場する「生ける雪だるま」。
 
そう、オラフですね。
前作を観た時から、私は、どうもオラフが
とある方に見えて仕方がないのですよ。(笑)
 
それがこの方、柳沢慎吾さん。
何だか憎めないキャラクター、話し方や、楽観的なノリ・・・
ご本人は怒るかも知れませんが、私はどうも、
この方がピタリに思えてなりません。
 
娘に見せたところ、「似ている」と。
それ以来、我が家では
 
「雪だるま」=「オラフ」=「柳沢慎吾
 
と言う紐付けがなされてしまい、カルタ取りの時にも私が
 
柳沢慎吾!」
 
と叫ぶと、娘は
 
「はいっ!」
 
と、迷わず「雪だるま」の札を取ります。(本当)
 
その度にカミさんは、
 
「要らんことを教えるんじゃないっ!」
 
と、私の薄くなった頭頂をフライパンで殴って来ます。(嘘)
 
しかしまぁ、娘よ。
 
「オラフ」=「柳沢慎吾
 
と言うことは、保育園で話さなくてもいいぞ。(笑)
 
嬉々として保育園の先生に話していたと聞いて、
床に突っ伏して、ピクピクとケイレンしてしまったんだから。(爆)
 
娘経由で家庭内のことが保育園に筒抜けになるので、
下手なことは話せません。
 
・・・え、「アンタが余計なこと話してばっかりだからだろ」って?
 
ごもっとも!
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
 

我が家も緊急事態宣言

どうも皆様こん〇〇わ。 
お久しぶりでございました。 
最近夜中に必ず一回トイレに起きるちょちょ山でございます。
歳ですね。(何のこっちゃ)
 
今、夜中の2時よ。
トイレついでにブログを書く男。(大嘘)
 
最近ブログをご無沙汰していた理由でございますが、
特段体調崩していたというワケではなく、
やはり「娘を寝かせて一緒に寝落ち」というパターンが多く、
今もこうして夜中にブログを書いております。
 
中途半端に時間の使い方が下手になってきた今日この頃。
 
さて昨今、コロナも大変なことになってまいりました。
政府主導のGotoキャンペーンが始まってからこの方、
コロナの感染者数がうなぎのぼり、もとい、昇り龍・・・も違う、
爆発的に増えております。
 
我が家は幸いにも無事ではありますが、
意外と身近に陽性反応者が現れた事例もあり、
結構他人事ではない恐怖におののいておりました。
 
自粛期間中にあまり外出もままならず、
いやが応にも引きこもらなければならないストレスから
食に走った go to eat 。
(※国のGotoキャンペーンは利用しておりません)
 
「やってらんないぜ」と酒を飲む回数も増え、
糖質がぶり寄り、外出自粛で運動量も減り、
夫婦揃って肉が着き、体重計がレッドゾーン。
 
気がつきゃお腹はトトロのように。
これが体に良いわきゃないよ。
判っちゃいるけど止められない。
あ、そ~れ、スイスイスーダラダッタ・・・
 
・・・なんて言っている場合じゃない!
ダイエットしなきゃ!
我が家も緊急事態宣言です。(´;ω;`)
 
しかしまぁ。
GoToトラベルで感染者が拡散し、 
GoToイートでクラスター発生。
政府は何がしたいのだ。
旅行業者や宿泊業者、飲食店等、
今回のコロナ禍で大ダメージを受けた業種の救済したいという
趣旨なのは分かりますが、
薬を塗ったり飲んだりして治るような病気ならいざ知らず、
経済を優先して、
死に至る病を蔓延させてどうする!
Go To HELL!
コロナが広がり始めた初期の頃のように、
緊急事態宣言が出ないのが、逆に不思議です。
 
結果、警戒レベルが引き上げられて、
感染していない人々も活動自粛要請がなされ、
お店は再び閑古鳥。
今回のパンデミックで思い切り影響を受けた業種の方々には
本当にお気の毒ですが・・・
すすきのだけに関わらず、年を越せない飲食店が増えそうで、
たとえこのコロナが収束しても、経済は後ろ向きになるでしょう。
 
更にGoToや助成金で、後先考えずにじゃぶじゃぶ税金をばら撒き、
財政が底を突き、本来必要なところで国の予算が使えなくなり、
徴収される税金が上がる・・・
世の中、余計に大変なことになるのが目に見えてます。
おまけに、
 
「静かにマスク外食を」
 
などと謳った首相が、感染症専門医に
 
「飲食時のマスク着用なんてザルですよ。
 もう一度言います。そんなもんザルです。」
 
と、一蹴されておりました。
高山先生、よくぞ言ってくれました。
今一番大変なのは、医療最前線です。
病床だけでなく、一般的な傷病を治療する医師ですら、
現場でクラスターが発生して戦線離脱せざるを得なくなり、
圧倒的に人手が足りないのですから。
 
国のトップがおバカですから、
「GoTo」で「おトク」をちらつかせ、経済だけは回したがり、
その結果がこれです。
 
国はどこまでも国民をバカにし続けます。
海外でも呆れられていますよ。
国民は、バカな国の用意した「GoTo」と言う目先のエサに飛びつかず、
自衛するしかありません。
明日は我が身ですよ。

f:id:tyotyo1974:20201121023424j:plain

前回は彼女に、何事かあったのでしょうか・・・
 

ね、こんなご時世ですから。
 
札幌市長。
札幌国際芸術祭なんて、
廃止しちゃいましょうよ♪
(あ、火点いた)
 
ワクチンもまだ開発途中、
インフルエンザのように予防接種と治療薬が世界中に普及するには
まだまだ時間がかかるでしょうし。
 
マネキンの生首とか、ゴミを作品と言い切る
前衛芸術(にすらなっていないシロモノ)を
わざわざお金を出して、
死に至る病にかかるリスクを承知の上で
観に行く人なんていませんから。
 
過去の開催前からも散々警鐘を鳴らしまくっていて、
今までのあの体たらく。
あんな芸術祭こそ、税金の無駄遣いです。
頼むからその分の予算を、
このコロナの中で頑張っている
医療機関の補助と支援に役立てなさい。
 
もはや定型文と化しておりますが、
いち札幌市民からの切なる願いです。
 
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

撮影スポットが消えていく

10/8の北海道新聞より、二つほど気になる記事を見つけました。
 

f:id:tyotyo1974:20201026123949j:plain

ここは私も過去に写真を撮りに行ったことがありますが、
最近は、コスプレファンがインスタ映えだけを目当てに訪れるとか、
立入禁止の場所にまで無断で侵入し、注意すると悪態を吐く
非常識カメラマンが増えて来ている為だそうです。
 
私もカメラマンの端くれとして肝に銘じる一方、
自分のことではなくともこう言った行為は恥ずべきことであり、
撮影禁止になってしまうのも致し方ないと思いますが、
一部の心無い人によって、身近の撮影スポットが一つ、
失われてしまったのは悲しい事実です。
 
(参拝に見えた方々が記念に撮影する分には問題ないそうです)

f:id:tyotyo1974:20201026124303j:plain

 

最近、観光名所で撮影NGになった場所も結構多く、
憂う内容の悲しい事例も沢山あります。
 
北海道での有名な観光スポットでもある美瑛・富良野
同じ問題を抱えており、美瑛在住のプロカメラマンである
中西敏貴先生のブログとNOTEを読んでみて頂きたいです。
第一線のカメラマンが、写すことと守ることの大切さ、
そしてそのために地域に根ざした啓蒙活動をしており、
私のような初心者に毛の生えたアマチュアカメラマンは、
中西先生の志の高さにビビってしまい、
美瑛に足を向けて寝られません。(本当)


 
小樽運河沿いにある、大正13年に建てられた
北海製罐小樽第3倉庫。
 

f:id:tyotyo1974:20201026124337j:plain

歴史的建造物として、長年小樽運河沿いにあるこの倉庫も、
コロナの影響で、この倉庫を所有している北海製罐
遊休施設の保有が困難となり、売却を検討するも、
市の条例で敷地が工場用に限定されてしまい、
商業用地として使えないことから、解体を予定しているそうです。

f:id:tyotyo1974:20201026124306j:plain

 
仮面ライダー」の「ショッカー」の秘密基地として、
実際に撮影に使われた建物で有名でもありますが、
これでまた、小樽の観光名物が一つ減ってしまいます。
コロナの影響が、ここでも・・・


  • 百年記念塔も解体

f:id:tyotyo1974:20201026124429j:plain

北海道百年記念塔は、北海道開道百年を記念し、昭和43年に着工、
昭和45年に竣工し、私よりも4歳年上で、今年で半世紀。
 
鉄部品の落下等、近年老朽化が目立ち、現在は立入禁止になっています。
 
存廃を検討するも、今後50年での補修や維持費の見積額が莫大で、
解体・除却が一番安全且つ、手間もお金も少なくて済むことから、
昨年2月、解体が決定されました。
 
現在はまだ間近で見られますが、藻岩山や市内中心部からも
遠くに見えるモニュメント的なこの建造物もまた、
近々姿を消す運命にあります。
 
解体される前に、娘に見せておいてあげたいなと思い、
カミさんも巻き込んで、皆で行って来ました、野幌森林公園。

f:id:tyotyo1974:20201026124345j:plain


何もかも無くなってしまう前に。
 
幼き日の思い出として。

f:id:tyotyo1974:20201026124325j:plain


写真とは、時と空間を切り取る魔法です。
 
 
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

第二の人生

(今回はコンピューター用語多め、ジャーゴニズム全開でお送り致します。)
 
え゛~、業務連絡。
現在、VPNサーバーを勉強、構築、テスト中。
近日中に公開致します。
 
この呼びかけに呼応する人は、全国で二人はいると思います。
 
どーも皆様、こん○○わ。
天高く、我肥ゆる秋。
冬を前にして、動物としての本能に抗えない(食ってばっかり)の
ちょちょ山でございます。
 
お腹周りが益々「トトロ」化し、
最近の敵は、専ら体重計です。

f:id:tyotyo1974:20200910004304p:plain

(画像お借りしてます)
さて。
 
今日も今日とて、コンピューターネタです。
コンピューターと言っても、変態サーバー。
ま~、よく出てきますわね、「変態」。
何が変態かと言いますと。
 
3年ほど前、会社で基幹システム刷新のために
お役御免になったサーバーなのですが、結構なスペックを持っていて、
ただ捨てるのには勿体なく、書庫で眠らせていたところ、
パソコンオタクの血がうずうずと・・・
どうせならいっそのこと遊んでしまおうと。
 
NEC Express 5800/T120b-e

https://xtech.nikkei.com/it/article/NEWS/20110215/357205/ex5800gt120b.jpg?__scale=w:200,h:267&_sh=0d30c08d05

(画像お借りしてます)

 
 
CPUはIntel Xeonプロセッサ2.4GHz、
メモリは8GB、
LSI社製のRAIDボードを搭載し、
結構ゴツい筐体のサーバーです。
 
これが2台。
 
一度ガワを開けたときに、CPUソケットが二つあり、
うち一つしか使っていないのは知っていたので、
 
「こりゃあニコイチで、遊んでみるか♬」
 
と、事務所の書庫に籠って、仕事の「合間」に組み上げました。
べ、別に、仕事中じゃないんだからねっ!
(ホントよ)

ガワを開けてみると・・・
実はマザーボードは、見慣れたGIGABYTE社製でした。(本当)
・・・NEC、最近は自前で設計してないんだ。(笑)
 
ちなみに最近のNECパソコンの一部機種は、Lenovoマザーボード
NECのハコをかぶせた代物でした。(これも本当)
 
ま、安くて機能が揃っていて、ちゃんと動けば
何も問題はないのですが。
 
話を戻しまして。
 
以前に一度、マザーボードの電源部分で電圧異常が起き、
メーカー保証でマザーボードを取り替えた方の本体をベースに
筐体を開けたサーバを二台並べ、CPUのとメモリの移植作業の開始。
 
どデカいヒートシンクがタワー状になって、
見る角度を変えると、マンハッタンシェイプ。(古っ!)

f:id:tyotyo1974:20201014010016j:plain

メモリもそっくりそのまま、
追加したCPUの傍の開いているメモリスロットに挿し込み、
これで論理コアが8×2機の16スレッド、
メモリは8GB×2で16GB、
処理能力「だけ」は変態クラスの
NEC Express 5800サーバーしょの2の出来上がり♪

f:id:tyotyo1974:20201014010002j:plain

さて、問題はここから。
 
以前、仕事で使用していた頃のHDDは全部外してしまい、
データの抹消をかけてしまったので、RAIDの構成は
ゼロから組み上げる必要があります。
 
取っておいた中古のSATA300対応の250GBのHDDを4台。
これをRAID5(3台で2台分の容量500GB、ホットスワップ1台)で組み上げるべく、
BIOS起動時にRAIDボードのWebBIOSを立ち上げ、
試行錯誤で設定していたところ・・・
 
いきなりボッツリ再起動。
なぬうっ!?
 
必要な設定を速攻で終わらせRAIDのセットアップは何とかし、
OS再セットアップ用の「Expressビルダー」で再インストール・・・
 
ボツッ!
 
・・・また再起動・・・
 
何だよこれ・・・入らないんかい・・・
 
それともCPUを増設した際、CPUとヒートシンクの間に塗る
シリコングリスが足りなかったか?
 
CPUの熱暴走でフリーズしたり、強制再起動は良くある話。
もう一度CPUを外し、グリスを塗り塗り・・・
 
それでも状況は変わらなかったので、BIOSの設定画面を立ち上げ、
ステータスを確認しても、ちゃんとCPUとメモリは
二台分識別されていました。
CPU温度も正常値。
うぬぬ・・・
 
いい加減、いじくり倒して時間も経っていたので
これ以上は止めようかと心が折れそうになりましたが、
 
「えぇい、面倒くせぇ!BIOSの初期化じゃあ!」
 
と、工場出荷状態のデフォルト値にリセット。
 
ピッ、ピッ!
 
再起動すると、BIOS正常起動時のビープ音が二回。
おそらくCPUが二つあるので、その分鳴ったのかと。
 
考えてみれば、1CPUの設定を記憶したまま2CPUにしても、
そのままじゃ二つ目のCPUをどうしたらいいか、BIOSも判らんですわね。
 
リセットして、最初から「CPUが二つある」とBIOSも認識すれば、
しっかり安定するのも道理で。
 
・・・何だぃ、最初からBIOSをリセットしておけば良かったぁ!
えらく時間食ったわよ!
 
さて、ナンダカンダの藤井隆で、ハードウェアはOK。
作業はOSのインストールへ。
 
OSも、サポートが切られたとは言え、
まだまだ使える、Windows Server 2008 R2 SP1。
 
先述の「Expressビルダー」から再インストールを試みるも、
 
「このハードウェアは違うから、入れられませんぜセニョール、
 よく確認してみてよアミーゴ。」
 
と言う内容のスワヒリ語メッセージが出て、インストール不可。
 
そりゃそーだ。
メモリはともかく、CPUを付け足したら、
本体は別物になりますからね。
 
結局は、サーバ管理用ツールが最初から入っているかだけの違いなので、
添付DVDからOSのクリーンインストール後に
ライセンスのアクティベーションをして、
一応正規ライセンス承認を得ました。
(CPUを追加しただけで、シリアルコードは正規の添付品だもん。)
 
さて、組みあがった変態サーバ
元々が廃棄予定だった機械ですから、
何をいじくり倒してもOK♬
 
処理速度が変態クラスなので、
色んなデータを圧縮保存するために、
ガンガン稼働させてます。
Expressサーバー、第二の人生♪
 
こうなると、ハードディスクに保存するための
転送速度がボトルネックになってしまいますが・・・
USB3.0のドライブデバイスを着けられるように、
ボードを挿そうかしら・・・
 
ぬぬっ!PCI-Expressポートがないっ!
仕方がない!
USB3.0ポートを持っているパソコンからネットワーク共有で、
LANの回線帯域を限界まで使ってデータを流し込もう!
こっちの方が速いや!(力業)
 
また、完全にクローズドなネットワーク環境を構築すべく、
VPN環境を構築してみました。
お金をかけず、SoftEtherです♪(筑波大学ありがとう!)
 
その代わり、VPNの基礎を勉強するのが大変で・・・
あちらを立てれば、こちらが立たず。
既存のネット環境に干渉しないようにセグメントを分ければ
VPNが見えなくなってしまうし、VPNに繋げたら繋げたで、
普段のネット環境は別物になってしまうので、
物理NICと論理NICをブリッジ接続してみたり・・・
 
本当はもっと簡単で、確実な方法があったりするんじゃないか、
とも考えましたが・・・
 
うん、動いてるからもういいよ、これで。
(苦笑)
 
本当は自宅でやれば良いのですが、置く場所がないので、
バトーの外部記憶のように、市内某所に置いてあります。
自宅からはリモートでメンテナンスするので、
仲間内で何やらコソコソするのには持って来いです。
 
妄想は尽きません♬
 
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。
 

ファミコンに命を預けて、月に行ってみないか?

北海道の夜風は冷たく、流れゆく雲と空の深さは、もう秋の気配。
いつの間にやら蝉の声から、鈴虫・コオロギ・キリギリスの大合唱へ。
夏も終わりですね。
私の季節が去って行く。なんちて。
 
・・・いやあぁぁ、もう夏も終わりっ!?
ついこないだ正月(以下省略)
 
もう完全にテンプレート化している季節のご挨拶はさておき。
 
どーも皆さん、こん〇〇わ。
鼻毛に白髪が生えてきた、ちょちょ山でございます。
白髪でも良いから、頭頂に生えてくれないかと切に願う、今日この頃。


さて、間に一回余計なネタを挟んでしまいましたが、
今回こそは「コンピューターと宇宙開発」です。
 
前々回、コンピューターの黎明期のことを書きましたが、
宇宙開発と言っても、そんなに時間は経っておりません。
 
ちょっとだけおさらいしますが。
 
1946年に、世界初のコンピューター「ENIAC」完成。
しかし、膨大な数の真空管とケーブルの束を繋げた、
プログラムという概念の無い「10進数」の計算機。
 
1949年に、プログラム内蔵型(後のノイマン型)コンピューター、
「EDSAC」完成。


以前の記事に書いたとおり、原子爆弾を作る為の膨大な計算は
まだコンピューターが出来る直前だった為に、全て手計算でしたが、
インプロージョン型原子爆弾の開発者である、変態数学者フォン・ノイマンが、
「やってらんねぇぜ!」と、戦後に理想的なコンピューターの基礎理論をぶち上げ、
ノイマン型コンピューター」の開発競争が始まりました。
 
そして時代は、アメリカと旧ソ連の冷戦時代に突入。
 
コンピューターの開発意図は、膨大な計算を自動化することでしたが、
それが可能になってからは、主に戦争(特に兵器)の用途に
多用されました。
 
先の世界大戦で、実用化されてしまった原子爆弾を手にした両国は、
互いを牽制する意味も含め、弾道ミサイルをしこたま作り、
原子爆弾を搭載したミサイルの弾道計算にも
コンピューターは大いに威力を発揮しました。
 
とは言え、今のコンピューター技術に比べれば、市販の関数電卓
毛の生えたような性能でしたが・・・
 
そして、そのミサイルの弾道計算は、ロケットの飛行の計算にも応用され、
これまたアメリカ・旧ソ連両国の宇宙開発競争が始まりました。
 
初の人工衛星、初の地球周回軌道投入、初の生物の宇宙飛行(サルやライカ犬)。
そして初の有人宇宙飛行は、旧ソ連。(1961年)
 
テレシコワ「私はカモメ」
研ナオコ 「カモメはカモメ」
 
これらの言葉は有名ですね。
 
この他にも、闇に葬られた失敗ミッション(しかも有人)もありましたが、
 
真相はいかに?ロシア当局に隠蔽された、
女性宇宙飛行士の最期の通信を記録した音声テープ
 
この頃のアメリカは、宇宙開発に関して
旧ソ連に一歩遅れをとっておりました。
 
何とかして挽回を図りたかった、当時のアメリカ大統領ジョン・F・ケネディは、
同じく1961年にアポロ計画をブチ上げ、
 
「10年以内に、月までの有人飛行を行なう」
 
と、ばさあっと大風呂敷を広げました。(大風呂敷なのか)
 
そしてアメリカは1969年、はっちゃきこいて何とか
アポロ11号で世界初月面着陸を果たし、
宇宙開発に面目を立てたワケではありますが、
この宇宙開発の裏で、コンピューターは進化を繰り返しておりました。
 
とは言え。
 
1964年当時、宇宙開発に使われていたIBMメインフレーム
「System/360」は、32ビットの大型汎用コンピューター。
 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9e/360-91-panel.jpg/800px-360-91-panel.jpg

Wikipediaより)
 
サーバーよりも上のメインフレームで32ビット。
 
私が1993年に初めて買った中古のパソコンも32ビットだったので、
約30年後には、その性能が10万円台頭で中古で売られていたワケですから、
当時の技術の最先端は、推して知るべしって所です。
 
まぁ、時代が違えど、メインフレームとパソコンを比較するのは
いささかナンセンスではありますが、極論として。
 
で、これまた驚きなのが。
 
司令船に搭載されていた「アポロ誘導コンピューター」は、似非16ビット。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/79/Agc_view.jpg

Wikipediaより)
  
データ15ビット、パリティ(検算用)1ビットなんですよ。
しかも、記憶媒体が磁気コア。
 
破壊読出しですよ。
コピーと言う概念が無いんですよ。
 
私は磁気コアの実物を見たことがありません。
四半世紀以上前の専門学校時代当時に、
教科書を読んで吹き出しました。

https://i.gzn.jp/img/2019/05/06/ibm-magnetic-core-memory/01.jpg

 
「じ、磁気コア!?こんなん、今、どこで扱っとるね!?」
 
似非16ビットと言うことは、これまた極論ですが、
性能が劣るってことですよ。

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/9/9a/Nintendo-Super-Famicom-Set-FL.png/1920px-Nintendo-Super-Famicom-Set-FL.png

 
 
下手すれば、記憶媒体の優劣も含め、
 
 

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/4/4c/Nintendo-Famicom-Console-Set-FL.png/800px-Nintendo-Famicom-Console-Set-FL.png

https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/e/e0/PC-Engine-Console-Set.png/1920px-PC-Engine-Console-Set.png



いや、PCエンジンは、一度に8ビットしか処理できない代わりに、
クロックを上げて16ビットマシンに迫る処理させると言う
ドーピングのようなテクニックを使っておりましたが。
さすがNEC、発想が違うぜ!
 
・・・話を戻しまして。
 
早い話、当時の最先端の技術としては、
後の時代に比べて、
 
ファミコンに命預けて、月まで行ってみないか?」
 
ってレベルだったってことです。
 
こんな話聞いたら、今なら誰も行きやしませんて。
 
甥っ子達が小さいときに、この例え話をしたら
爆笑してましたが。
 
しかもですよ。
 
月と地球の間は、約38万km。
その距離を片道3日かけて、行って降りて帰ってくるワケですから、
時速に換算すると、1万555km/h。
マッハ8.5です。
 
そこに、更に太陽の周りを公転している地球も
1日に257万3900kmも移動するので、
その移動先も考慮に入れなければなりません。
正面に見える地球に一直線に飛んでも、
辿り着く3日後には、772.2万キロも
横に避けられているのです。
 
軌道計算は重要ですよ。
 
更に、大気圏再突入。
 
大気は、地表からおよそ120kmくらいまでにしか存在しない
薄い膜のようなものですから、
地球の大きさから例えて言うと、
1.28mのビーチボールの表面に付いた、
わずか1.2cmの厚みの綿アメ目がけて
突撃するようなモンです。
 
しかも、突入角度が浅ければ、
水面に石をに投げてを水切りするように
薄い大気の層に弾かれて、アポロの司令船は
宇宙に彼方へ飛んで行ってしまいますし、
突入角度が深過ぎれば、あっという間に
地表に叩きつけられてしまいます。
 
もし、仮に地表に垂直にルートを取ってしまったら、
マッハ8.5だと、秒速2,890mとして、
大気圏再突入後、約35秒で地面に激突、
ソユーズ1号のように、一巻の終わりです。
 
如何に難しい計算か、お解りになるでしょうか。
 
更に追い打ちを掛けるように、
大気中ではマッハ3で、空気の圧縮による
熱の壁」が立ちはだかります。
 
熱の壁を潜り抜けられない状況で、
パラシュートは広げられません。
 
そこをマッハ8.5で突入するのですから、
姿勢制御と軌道修正の燃料を残しつつ、
事前に逆噴射して減速もしなければなりませんし、
更にエアブレーキの意味も含め、アポロの司令船が
単体でどれほどの衝撃と熱に耐えられるか。
 
これを事前に計算して設計されていなければ
大気圏再突入で焼け死んでしまうと言う、
先の旧ソ連の闇に葬られた黒歴史や、
空中分解したスペースシャトル「コロンビア」の
二の舞になってしまいます。
 
怖いですね。
いつも開拓者たちは、死と隣り合わせなんです。
 
私も幼稚園児の頃の夢は「宇宙飛行士」でしたが、
勉強の時点で諦めました。(笑)
 
そして今は、しがないエンジニア崩れの経理に落ち着いておりますが、
過労死の可能性はあれど、事故で死ぬことはありません。
 
夢は、夢のままで。
 
宇宙(そら)に上るより、地に足のついた生き方のほうが、
長生き出来そうな気がします。


どんなに恐ろしい武器を持っても、
たくさんの可哀想なロケットを操っても、
土から離れては生きられないのよ!
(判る人だけ笑って下さい)
 
一文字換えるだけで、結構使えるなぁ・・・ジブリ作品。(意味不明)

-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。

Go to トラブル?

(タイトルと本文は、全く関係ありません。)
暑い!
暑いね~!
 
道産子のアチシに、この暑さは酷です。
空は秋色なのに、この残暑は何ざんしょ。
 
・・・どう?思いっきり寒くなったでしょう?(自爆)
 
お腹周りが「トトロ」化し、妙に汗ばむ今日この頃。
皆様、いかがお過ごしでしょうか。
コロナ太りが抜けない、ちょちょ山でございます。
本当に傘を持って、汗かきながら踊ろうかと思っております。
03_Ghibli_2880x1800_19_1.jpg (400×250)
(画像お借りしてます)
 
最近、ブログをご無沙汰しておりまして。
いきなり話がズレますが。
 
前回の記事に、
 
「次回はコンピューターと宇宙開発について書きます」
 
と書いた途端に、会社の回線が
中国からのハッキングを受けそうになりまして。
(本当)
 
昼休み、サーバ室に上がったら、
ルータが一定周期にピーコンピーコン鳴ってるんですよ。
 
こんな音、聞いたことないなぁ。
こんなに鳴られちゃ、昼寝出来んではないか。
(サーバ室で昼食と昼寝をする男)
 
仕方なく、昼飯をパクつきながらルータのログを見てみると、
知らないIPアドレスから、ポートスキャンがかけられていました。
まぁ、開いている裏口がないか調べる、ハッキングの予備行為ですよ。
 
IPアドレスWhoisとAPNICで調べると、中国は北京から。
ぬ、そんな所に知り合いはおらんぞ。
キムさんか?(誰やそれ)
 
「俺の知っているキムは、一人しかいねぇよ。」
大塚明夫さんの声でお願いします。)

https://wired.jp/app/uploads/2004/09/aflo_NOZA073047.jpg

(画像お借りしてます)

早速、ファイヤーウォールの設定を開き、
ポートスキャンをかけてきている中国のIPアドレスからの全通信を遮断。
 
・・・ルーターが鳴り止みました。
よし、これで昼寝が出来る。(問題はそこか)
 
とは言え。
他にも何か怪しいログが残っていないか見てみたところ、
ま~、ニューヨークからオランダ、
シンガポールからロシア。
 
色々な国から、
 
「裏口開けっ放しの悪い子はいねが~!」
 
と、なまはげの如く、記録が残っておりました。
 
とは言え、殆どがサラッと見て回るだけで、
入念にポートスキャンをかけていたのは中国だけでしたが。
 
ポートスキャン以外にも、最近はコロナでVPNが多用されるようになり、
VPNの接続を試みる輩も増えております。
 
会社のルーターのログには、弾かれた記録しか残っておりませんでしたが、
先日の日経新聞では、コロナの混乱に乗じて
ロシアからの不法アクセスでVPN接続情報が漏出したとの記事もあり、
世界的にシャレにならない状態になって来ております。
 
私もVPNの勉強をすべく、
廃棄予定の機械から変態サーバを組み上げましたが、
実戦投入の前に一度凍結ですな。
 
・・・設置場所が、職場のサーバ室だもの。(おい)
自分でセキュリティに穴を開けるワケにはいきませんからね。
 
皆さん、明日は我が身です。
セキュリティ対策は、しっかり講じておきましょう。

じ、次回こそは・・・
 
-------------
 
にほんブログ村」 ランキング参戦しております♪
↓ポチッとお願いします。